営業時間/11:00~20:30  定休日/水・日  当サロンは予約制です。 現在、 直近の予約枠は売り切れの傾向にあります。ご新規様の受付は、週に3名までとさせて頂いておりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。
外反母趾の土踏まず

【外反母趾】

外反母趾とは

足をまっすぐそろえた時に、

・親指が外に向いている→外反母趾(がいはんぼし)

・小指が内に向いている→内反小趾(ないはんしょうし)

 

こんな方は、外反母趾です。

 

ハイヒールや、先の細くとがった靴(ポインテッドトゥ)を履くことによって、その物理的な圧迫から外反母趾になりやすいと言われています。

 

 

外反母趾の痛み

 

親指が外に向くと、指付け根の関節が出てくるのでそこに余計な負荷がかかります。

靴を履くたびに圧迫されていたかったり、靴を履かなくても痛みが出ることもあります。

 

 

痛みが出ないうちは自覚しない場合が多いので、

隠れ外反母趾もけっこう多かったりしますね。

 

ひどくなると、見た目が悪いばかりか、履きたい靴が履けなかったり、手術が必要になったりと大変な思いをするので注意が必要です。

 

外反母趾の原因は?

 

外反母趾の原因ですが、上にも記したとおり、つま先の細い靴を履くことによる物理的な圧迫というのが一つあります。

ですから、女性のハイヒールや、男性のビジネスシューズなども原因になり得ます。

その他、

・偏平足だ
・すり足のように歩くクセがある
・運動をあまりしない
・運動をよくする

というのも、外反母趾の原因としてよく挙げられます。

《運動をしない》と、《運動をする》。

一見すると相反する項目もありますので、後ほどご説明しますね。

 

偏平足だ

偏平足というのは、土踏まずのアーチが下がって、足裏全体がのっぺりと地面についてしまうような状態を言います。

 

外反母趾である親指が外に向く状態というのは、

足の構造的に土踏まずのアーチが落ちます。

 

つまり、外反母趾だと自然に偏平足になる場合が多いです。

 

 

逆に、もともと偏平足だったから、外反母趾になりやすかったということも考えられます。

 

すり足で歩くクセがある

すり足というのは、足裏を地面から離さずに、ずるずると足を引きずるように動かす歩き方です。

つまり、足裏の筋肉を伸縮させずに歩くということです。

足裏の筋肉が衰えると、土踏まずのアーチを支えられずに偏平足になってしまいます。

 

着物を着ていた時代の日本人は、すり足で歩くことが普通だったため、偏平足がちだったと言いますが、問題なのは、靴を履いて平らな地面の上を歩く、現代人のすり足です。

 

すり足で歩くクセがあると、足裏の筋肉をバランスよく使えずに土踏まずが落ち、それが外反母趾の原因となることがあります。

 

運動をあまりしない

運動をあまりしないということは、筋肉が衰えるということにつながります。

それは足裏の筋肉についても同じことです。

運動不足がもとで、足裏の筋力が弱り、上のすり足のように土踏まずが落ちて外反母趾になりやすくなるということです。

 

運動をよくする

先に挙げた外反母趾の原因からすると、《運動をよくする》というのはちょっと不思議に思われるかもしれません。

しかし、運動をよくする人の中にも外反母趾でお悩みの方がかなりいらっしゃいます。

 

まず、偏平足だと親指が外に向きやすくなるとお伝えしましたが、それは足首から下の話です。

 

脚全体の関節の連動性を考えると、偏平足になるとき、足首から上はどうなっているか。。?

 

膝が内に入っています。

 

ゴルフの姿勢

 

例えばゴルフ。

肩幅に開いた足を、膝を内に入れて(ニーイン)、親指側でぐっと地面を捉えます。

自然と土踏まずのアーチが落ちて、足の親指が外に向くのです。

 

 

また、これまで土踏まずが落ちると親指が外に向くとだけお伝えしましたが、

親指が外に向く時はそれだけではありません。

 

土踏まずのアーチが過剰になる(ハイアーチ)ときも、

足の構造的に親指が外に向きやすくなります。

 

脚全体で考えると、膝が外に向く(ニーアウト)とき、ハイアーチになりがちです。

 

ゴルフは親指側で踏む(ニーイン)と同時に、小指側で壁を作る(ニーアウト)動きも行います。

ですから、ゴルフを頻繁にされる方の中には、外反母趾でお悩みの方がけっこういらっしゃるのです。

 

ゴルフに限らず、スポーツの中にはニーイン&ニーアウトの身体の使い方をすることがよくあります。

運動をよくしていることが、外反母趾を引き起こす一つの要因になることもあるのです。

 

 

外反母趾の改善方法

  • つま先のとがった靴をよく履く
  • すり足で歩くクセがある
  • 運動をあまりしない
  • 運動をよくする

 

これらのことが、外反母趾の要因になっているとお伝えしました。

ですから、これらのことを気を付けるというのが一つの対処法になります。

 

靴の中でアーチを作るようなインソールを入れたり、

履いても痛くならないような幅広のフラットな靴を選んだり。

 

《タオルギャザー》のような、足指と足裏の筋肉を刺激する運動をしてみたり、

使いすぎた筋肉を伸ばしてあげたり。

 

これだけでも土踏まずのアーチが改善されて、

ハイヒールを履いた時の痛みが軽減されたりもしますよ。

 

 

それによって症状が抑えられるのならばOKです。

 

 

ですが、ここで考えたいのは、

 

ハイヒールを履いてる人が

全員外反母趾になるわけではないという事。

 

運動をしていても、していなくても、外反母趾になる人とならない人がいるという事。

 

 

外反母趾の人が、ハイヒールを脱いだからって、

外反母趾が治るわけではありませんよね。

 

 

ハイヒールを履く人が外反母趾になるのは、

ハイヒールだけが悪いわけではなく、その他の要因もあるからなんです。

 

 

外反母趾の本当の原因とは?

 

  • (履きたいけど)ハイヒールを履かない
  • アーチを作るインソールを入れる
  • 痛くない靴を選ぶ
  • 足裏を鍛える

 

これは、ご自身でバッチリできる対策です。

 

ここまでは、対症療法と言われるものです。

 

 

外反母趾で足が痛いのが、ハイヒールを履く事によるものならば、履かなければよい。

 

痛みが足裏の筋力が衰えて、土踏まずのアーチが落ちていることによるものならば、

そのアーチを整えてあげれば痛みが和らぐというのが対症療法。

 

 

 

ところが、そもそもなんで

土踏まずのアーチが落ちて偏平足になってしまったのか?

 

 

 

その原因を整えることが、サロン月と波で提案する

根本からの改善策となります。

 

 

 

例えば、偏平足になって外反母趾になったのは、膝が内側に入りがちになってしまうためだった。

 

その膝が内に入るのは、股関節の歪みが基になっていた

 

その股関節が歪んだのは、胸郭が固まっているからなのか?

 

 

その胸郭が動かないのは、肺が冷えて動きが鈍いからではないか??

 

 

原因をたどると、

外反母趾といっても、その原因は百人百様。

 

 

 

痛みにとらわれて、足先だけのトラブルだと考えると

全体が見えなくなってしまいますが、

そこにはいつでも、身体全体のバランスが関係しているんですね。

 

 

 

とりあえず、その時の痛みがなくなればいいのか。

その痛みの大元の原因を探していくのか。

 

 

 

それによって、対処法は変わってきます。

 

 

 

外反母趾だけど、ハイヒールを諦めたくない!!!

 

もっとバランスよく身体を使えるようにしたい!!!

 

そんな方は、一度身体の歪みチェックから始めてみましょう。

 


 

浦和ボディケアサロン月と波では、お客様の歪みのタイプに合わせたケアを行っております。

 

ボディ整体が最も適している場合もあれば、

そこにお腹のケアや、頭の歪みのケアをプラスした方がよい場合もあります。

 

お身体の歪みの状態と、それをどのように改善したいのかをヒアリングしながらお手入れを進めてまいります。

ご希望の方には、お家でできるセルフケアのアドバイスもおこなっていますので、

いつでもお問い合わせください。

脚カウンセリング

 

外反母趾の土踏まず
最新情報をチェックしよう!