営業時間/11:00~20:30  定休日/水・日  当サロンは予約制です。 ご予約・お問い合わせお待ちしております。。

骨盤整体

浦和ボディケアサロン月と波のオプショナルメニュー『骨盤整体』についてご案内いたします。

骨盤が開くとは

よく聞く声で、『産後骨盤が開いてしまって。。』とか、『骨盤が歪んでいて。。。』などがあります。また、反り腰なのが気になるという方の声も多く聞きます。骨盤に関する情報も、産前・産後の骨盤矯正に関する情報もとても多く出ているので、特に気にする女性は多いですね。そもそも、骨盤とはどういうものなのでしょうか?

 

骨盤の構成

骨盤は、左右が1対になっている寛骨と、仙骨、尾骨という骨で成り立っています。それぞれが数個の骨が結合して出来ています。ですので、骨盤自体は1つの骨ではないのですね。いくつかの骨が組み合わさっているわけですから、それぞれが動きます。身体の要となる場所で、脊柱や大腿骨と連結し、それぞれが動きながら体のバランスをとって、体を支えているのです。

骨盤の歪み

骨盤が歪むことで、身体に不調をもたらすことがあります。よくあるものでは、肩こりに腰痛でしょうか。また、骨盤の内側には膀胱、子宮、直腸がありますので、それらの臓器に影響が及ぶこともありますね。

とは言っても、骨盤の歪みとは?『骨盤を正しい位置に戻しましょう』なんて言ったりするけど、骨盤の正しい位置ってどこなの・・?

確かに人それぞれ身体のバランスがとりやすい骨盤の位置はあると思います。ですが、月と波ではそれよりも、骨盤の可動性と、身体全体で見た連動性を重要視しています。

日本人の骨盤

私はこれまで仕事を通して、いろいろな人種の人にお会いし、その体に触れてきました。日本人というのは、世界的に見ても骨盤が後傾している民族です。骨盤の後傾とは、骨盤が後ろに倒れて、背中が少し丸まり、肩が若干内に入っているような姿勢になります。これに対して、欧米系の人は、骨盤が前傾しています。骨盤の前傾とは、骨盤が前に倒れてお尻がプリっと突き出ます。それに連動して胸は大きく開き、背骨全体のS字カーブがきつくなる感じです。

比べてみると、日本人の姿勢が良くないように思いがちですが、そうとも言えないのです。大事なのは、骨盤が後ろに倒れるとき胸郭が閉じる。そして骨盤が前に倒れる時、胸郭が開くという身体の連動性です。骨盤が前傾しても、後傾しても、身体の連動性がとれていれば問題は少ないのです。

ここでは骨盤の前後の動きにフォーカスしてみましたが、骨盤の開く&閉じるという動きも同様です。身体の各パーツはどこをとって見ても、ある1か所だけが動くということはありません。全て連動して動きますので、関節の連動性、筋膜の連動性というのがとても重要なのです。ですので、場合によりますが、骨盤矯正ベルトなどで骨盤を一定の場所で締め付けたままにすると、さらに可動性が失われることもあります。

実際、骨盤ケアを気にされている方は、胸郭の動きが鈍いことがほとんどです。ところが、ご本人は骨盤の動きにしか注目していないのです。確かに骨盤自体の動きも大事ですが、そこだけではないのですね。ここで身体の連動性の話を伝えると、皆さん『なるほどー!!』と納得してくださいます。

身体を連動させる整体

月と波の骨盤整体は、身体の連動性のスイッチをONにします。骨盤周りだけをひたすら押したり揉んだりするのではないのです。実際に骨盤周りを調整する手技はほんの一部で、関連する背骨の動きや、胸郭の動きも連動させていきます。

アプローチするのは、主に関節と筋膜です。身体はもともと本能的にバランスをとる機能がついているので、スイッチを再起動してあげれば、勝手に調整されていくのです。

最後に、骨盤や姿勢の改善に大事なものとして、『インナーマッスル=深層筋』というのがあります。少し話は戻りますが、欧米人がお尻をプリッと突き出して、胸を張った姿勢をキープできるのは、支える筋肉があるから。もともと持ってる筋力量が日本人とは違うのです。日本人の骨盤が後ろに倒れがちなのは、それが少ない筋肉でバランスをとれる姿勢だからなのです。

皆さんそれぞれ理想とする姿勢やスタイルがあると思います。姿勢改善のために骨盤の可動性を高めたら、プラス少しの筋トレも効果的ですよ!!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!